キャッシュゲーム
実力、胆力、そして経済力が勝負を左右するのキャッシュゲーム

(2011年4月 8日 公開)
キャッシュゲームとは
最も一般的にプレイされるタイプのゲームです。1テーブルで2〜10人でプレイされます。トーナメントに比べて実力によってゲーム展開をコントロールできる範囲が広いため、スキルが高いプレイヤーほどキャッシュゲームを好む傾向にあります。別名リングゲームとも呼ばれます。

ゲームの開始
テーブルに2人以上のプレイヤーが揃えばゲームをはじめることができます。空いている席があればプレイヤーは好きなタイミングでゲームに参加することができます。
ゲームの終了
終了時間はありません。ゲームを辞めたいと思ったら自由にテーブルを離れることができますし、このままゲームを続けたいと思ったらプレイヤーは好きなだけ(お金と対戦相手がテーブルにいるかぎり)プレイを続行できます。

プレイヤー数
2〜10人*でプレイされます
*参加できるプレイヤーの最大数が2人、6人、9人のテーブルもあります。

参加費用(バイイン額)
ミニマム・バイイン
各テーブルに参加する際に持ち込まなくてはならない最低金額が決まっており、この金額をミニマム・バイインと呼びます。ミニマムバインは一般的にBBの20〜40倍となります。

マキシマム・バイイン
各テーブルでは一度に持ち込める最大金額が決められており、この金額をマキシマム・バイインと呼びます。マキシマム・バイインは一般的にBBの50〜100倍となります。

例:
あなたが参加したいテーブルのBBが$1の場合、ミニマム・バイインは$20~$40、マキシマム・バイインは$50~$100となります。

勝敗
麻雀とは異なり、行われるゲーム数は決まっていませんので順位もつきません。勝っているプレイヤーは好きなだけプレイを続けることができますし、負けているプレイヤーでも資金が続く限りプレイを続けることが可能です。

勝っているときに辞めるべし
いくら途中まで勝っていても、テーブルを抜ける時点でオケラだったら全く意味がありません。終わりがないキャッシュゲームでは「いつテーブルから抜けるか」が非常に重要なポイントです。手持ちのチップを2倍にしたら、あるいは手持ちチップの半額を失ったらなどの基準を自分なりに決めておいて、基準に達したらすぐにテーブルから離れましょう。






キャッシュゲームをYahoo!ブックマークに追加 キャッシュゲームをはてなブックマークに追加 キャッシュゲームをニフティクリップに追加 キャッシュゲームをlivedoorクリップに追加


コメント

「キャッシュゲーム」へのコメントはまだありません。

「キャッシュゲーム」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)