ポジションの重要性
ポジションの重要性を再確認しましょう

(2011年4月10日 公開)
プレイヤーが座る各席には名前が付いていること、それぞれの席には不利・有利が存在することはルール説明のページで解説したとおりです。簡単にまとめてみたのでおさらいの意味をこめて再度目を通してみてください。
有利なポジション
D(ディーラー) CO(カットオフ)

不利なポジション
UTG(アンダーザガン) SB(スモールブラインド) BB(ビッグブラインド)

不利・有利が存在する理由
理由1
基本的にポーカーは「相手プレイヤーの情報を持っていればいるほど有利」なゲーム。先にアクションを求められるプレイヤーより後からアクションをするプレイヤーが有利。Dに位置するプレイヤーは最も最後にアクションすることができるため有利、真っ先にアクションを求められるSBやBB に位置するプレイヤーは不利となる。

理由2
基本的にポーカーは「対戦相手が少なければ少ないほど勝率が上がる」ゲーム。SBやBBでベットして、自分の後から次々にプレイヤーがゲームに参加してくると勝率が低下します。Dにいて最後にアクションを取るプレイヤーの場合、ゲームに何人が参加してきたのか知ったうえで自分の行動を判断きるため有利となる。

まとめ
不利なポジションから参加は極力避けましょう。
有利なポジションから強いカードで大きく勝負することで手堅く勝ちを重ねましょう。
初心者のうちは盲目的に不利なポジションからのプレイをさけ、有利なポジションで良いカードが来るまで辛抱です。ただ、この感覚は初心者には説明しても実感することが非常に難しいです。なので初心者プレイヤーには低いレートでプレイをして経験値を上げる間に、アーリーポジションからプレイして大やけどを負うことで、体でポジションの有利・不利を体で覚えておくことをおすすめします。

ポジションの重要性をYahoo!ブックマークに追加 ポジションの重要性をはてなブックマークに追加 ポジションの重要性をニフティクリップに追加 ポジションの重要性をlivedoorクリップに追加


コメント

「ポジションの重要性」へのコメントはまだありません。

「ポジションの重要性」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)