オンラインポーカー概要
プレイしてみたいけど、誰がどうやって運営しているのか気になる、信用できるの?

(2011年4月 9日 公開)
概要
自宅にいながら現金を賭けて対戦できるのがオンラインポーカー。世界各地では24時間休むことなく勝負が繰り広げられています。下は1ゲーム数百円から始まり、上は1ゲームに数千万が賭けられる書けることも日常茶飯事。その結果1日で数百万を勝つプレイヤーは全く珍しくありません。 オンラインポーカーを専業とするプロも数十万人いるとされ、アメリカ、ヨーロッパではTVコマーシャルが放映されたり、ハマる人続出で社会問題になるなど一大ブームとなっています。

ポーカールームの数
信頼できるオンラインポーカー・ルームは30ほど。現在、大手ポーカールームによる中小ポーカールームのM&Aや大手ネットワークによる寡占化が進んでおり、最終的には10社程度が生き残るとみられています。当サイトでは様々な観点から、日本人プレイヤーがプレイするのに最適なポーカールームを厳選して紹介しています。

世界のプレイヤー人口
正確な数字は把握されていませんが、世界で数千万人いるそうです。その証拠に業界の最大手 ポーカースターズの会員数は2009年の時点で2000万人を突破しています。

日本のオンライン・ポーカーのプレイヤー数
オンラインカジノからポーカーに移行するプレイヤーが続出しており、年々プレイヤー数が増えています。2011年の時点で3000人前後の日本人プレイヤーがいると思われます。

運営会社
ウィリアムヒルのようにロンドン市場に上場しているオペレーターも存在します。ブームが落ち着いた2011年の時点では大型M&Aも一巡し、悪徳業者は淘汰されており信頼できるオペレーターがほとんどです。もちろん当サイトで紹介しているポーカーサイトなら100%安全です。

ソフトウェア
ポーカールームが独自に自社開発するもの。あるいはネットワーク型と呼ばれる、他の多数のポーカールームとソフトウェア共有するパターンがあります。エベレストポーカーやポーカースターズのようにポーカールームを中心に運営しているところは独自のソフトウェアを使用しています。

カジノとポーカーの両方を運営していて、どちらかと言えばカジノやスポーツブックの運営に比重を置いているようなオペレーターの場合、他社のソフトウェアを使用する傾向にあります。

ソフトウェア監査機関
カジノソフトと同じようにポーカーソフトも外部審査機関によるソフトの公平性検査があります。 審査機関で最も有名なのがTSTやi Tech labsです。

ビジネスモデル
ポーカールームは基本的に以下の2つ方法で利益を確保しています:

1.レーキ
運営側はポット(賭金)額から一定の%を自動的に徴収し、この徴収額をレーキと呼びます。

2.トーナメント管理費
トーナメント参加料は賞金としてプレイヤーに還元する金額と、トーナメント管理費として運営者側が徴収する金額に分けられており、運営者側はトーナメントさ参加費を自動的に徴収します。

そんなわけで、プレイヤーがハウス相手に勝って運営者側が損をすることもあるカジノとは違い、ポーカールームはまったくリスクを負わずに収益を上げることができる非常に優れたビジネスモデルとなっています。






オンラインポーカー概要をYahoo!ブックマークに追加 オンラインポーカー概要をはてなブックマークに追加 オンラインポーカー概要をニフティクリップに追加 オンラインポーカー概要をlivedoorクリップに追加


コメント

「オンラインポーカー概要」へのコメントはまだありません。

「オンラインポーカー概要」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)