シットアンドゴー
キャッシュゲームと異なる興奮を体験できる簡易トーナメント

(2011年4月 9日 公開)
概要
トーナメント開催に必要な人数がテーブルに揃った時点で始まり、1〜2時間で順位が出る、気楽に楽しむことができるトーナメントです。ある程度のスキルさえあれば、運しだいで結構な金額を手にできることからキャッシュゲームよりも人気があります。

賞金
プレイヤーが支払った参加費の合計から運営費が差し引かれた金額が賞金となります。なので賞金額は参加参加費と参加人数の多さによって異なります。1テーブルで行われるトーナメントでは1位に50%、2位に30%、3位に20%の賞金が配分されます。

参加費
参加費の表記例:
「バイイン$25+2」と表記されていたら参加費の合計は27ドルとなります。25ドルが賞金額に加算され、2ドルはトーナメント管理費として徴収されるということです。

シットアンドゴーの種類
1つのテーブルで行われるシングルテーブル・トーナメントと、2テーブル以上で行われるマルチテーブル・トーナメントがあります。

シングルテーブル・トーナメント
1テーブルのみで行われるトーナメントです。
1テーブルに6人、9人、10人の参加プレイヤーで行われます。

マルチテーブル・トーナメント
複数テーブルで行われるトーナメントです。
18人、45人、90人、180人〜の参加プレイヤーで行われます。


トーナメント開始
参加人数が集まった時点でトーナメント開始となります。プレイヤー数が多いポーカールームの場合、ほとんど待ち時間なく、登録したら数秒でトーナメント開始となります。

トーナメント終了
チップがゼロになったプレイヤーから脱落していき、最後の1人が決定するまで続きます。1テーブルのトーナメントだったら1~2時間くらいで終了します。

キャッシュゲームとの相違
上位入賞しなければ儲けが無い
いくらトーナメントの途中で上位にいても、最終的に入賞できなければ1円にもなりません。

途中で辞めれない
一度トーナメントが始まってしまえば途中でやめることはできません。もちろんゲームを放棄してテーブルを離れることはできますがトーナメント費用は返却されません。

ブラインド金額が上がっていくスリル
トーナメントでは時間の経過とともにブラインド(SB・BB)額が増加していきます。実はこのブラインドの上昇こそトーナメントをスリリングなゲームにしている要素です。トーナメント開始時に$5ドルだったBBも、トーナメント中盤にさしかかると$100に、トーナメント終盤には$400などに上昇します。そのためチップ量が多いプレイヤーでもトーナメント後半になるとうかつにゲームすることができなくなります。逆にチップ量が少ないプレイヤーはオールインして一発逆転を狙うようになります。このように序盤と後半ではプレイの様相が全く異なるのがトーナメントなのです。

まとめ
プレイしてみないと面白さが伝わりにくいトーナメント。初心者にとってはトーナメントというだけで面倒そうに聞こえますが、シットアンドゴーへの参加は本当にカンタンなので、一度だまされたと思って参加してみてください。序盤の退屈なゲーム展開を我慢して終盤まで生き残ることができれば、キャッシュゲームとは全く異なるトーナメント独特の興奮を体験できますよ。






シットアンドゴーをYahoo!ブックマークに追加 シットアンドゴーをはてなブックマークに追加 シットアンドゴーをニフティクリップに追加 シットアンドゴーをlivedoorクリップに追加


コメント

「シットアンドゴー」へのコメントはまだありません。

「シットアンドゴー」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)