WSOP(World Series of Poker)
世界最大のポーカートーナメント

(2011年6月 7日 公開)
wsop_logo.jpg
WSOP (World Series of Poker)とは毎年5月〜7月にかけてラスベガスで開催される世界最大のポーカートーナメント。

毎年、世界から数万人の腕自慢のプレイヤーが勝利の栄光と高額賞金を目指して集まります。様々なルールで各種のトーナメントが行われます。2011年のWSOPは50以上のトーナメントが開催されます。

最も注目を集めるイベントは参加費1万ドル(80万円)のノーリミット・ホールデムのトーナメント。1万ドルという高額の参加費にもかかわらず、毎年数千人が参加するこのイベントの勝者は10億円前後の優勝賞金とポーカー界で最高の名誉であるブレスレットを手にすることができます。

ちなみに第一回目の大会が1970年大会が行われた当時、ラスベガスに設置されていたポーカーテーブルの数はわずか50席。ネバダ州全体でも70席だったそうです。参加者は30人。特別なプロモーションや告知も行われず、一般からの関心は殆どなかったようです。その後、ゆっくりながらも確実に知名度を規模を大きくしていくWSOPですが、現在の爆発的な人気と知名度を得るのは2000年代に入ってからでした。

そのきっかけとなったのは2003年にクリスマネーメーカーという素人プレイヤー。初めてのトーナメント参加にもかかわらず、プロを相手に堂々の勝負を繰り 広げ、終わってみれば250万ドルの賞金を手にした彼の姿はESPNにより全米に中継されており、WSOPとポーカーの新しい時代をもたらしました。

その後は年を負うごとに参加者数と賞金総額が倍増。2006年には参加者数2万人、賞金総額100億円を突破します。その年のメインイベントの勝者の賞金は12億円となり、世界で最も高額な優勝賞金として記録に刻まれました。

日本人プレイヤーの参加者も年々増えており、そろそろメイントーナメントでの上位入賞者がでてくると思われます。

大会名:
WSOP (World Series of Poker)

参加資格:
21歳

開催地:
アメリカ ラスベガス
Rio All-Suites Hotel & Casino

開催日程:
5月末〜7月中旬

参加人数:

58,720人 (2008年)

賞金総額:
$180,774,427(2008年)

第一回大会:
1970年

■メインイベントの歴代勝者



WSOP(World Series of Poker) をYahoo!ブックマークに追加 WSOP(World Series of Poker) をはてなブックマークに追加 WSOP(World Series of Poker) をニフティクリップに追加 WSOP(World Series of Poker) をlivedoorクリップに追加


コメント

「WSOP(World Series of Poker) 」へのコメントはまだありません。

「WSOP(World Series of Poker) 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)